令和6年度 新事業展開テイクオフ支援事業(第2期)

補助金・助成金は日々新しい内容に更新されますので、必ず最新の公募要領を確認ください。弊社ページの見解により不採択となった場合も当事務所では責任を負いかねます。

こんにちは!SKY労務・行政書士事務所です。

大阪府が実施する新事業展開テイクオフ支援事業の公募要領が公開されました。
この支援事業は昨年度も実施されたもので、補助金とは別に伴走支援についても補助対象となるのが特徴です。

詳細は大阪産業局のホームページをご確認ください。

令和6年度新事業展開テイクオフ補助金

目的
目的は以下のように記載されています。

大阪府では、原油・物価高騰や円安、人手不足等の影響により、経営が圧迫され厳しい状況に置かれている事業者が、新事業展開を早期に実現させ成長することを目的に、「新事業展開テイクオフ支援事業」を実施します。

事業の対象は「新事業」であることが目的のようです。
事業再構築補助金と近いイメージですね。

公募時期

・令和6年6月3日(月曜日)から6月28日(金曜日)17時まで

補助金額

・補助金額:上限100万円
・補助率:対象経費総額の4分の3以内
 
なお、建設業・運輸業については、新事業展開のための人手不足解消の取組みに係る経費に対して、 50万円の補助上限上乗せがあります(最大150万円補助)

対象事業者

・大阪府内に本店(住所)または主たる事業所を有する中小事業者  300者程度

大阪府内に本店がなくても、主たる事業所があれば対象となるようです。
採択事業者数も決められていて具体的ですね。

令和6年度新事業展開テイクオフ支援事業(伴走支援) 

伴走支援に採択されると、士業等専門家や支援機関(商工会・商工会議所、金融機関等)による、事業計画策定のアドバイスや、計画の実現に向けた進捗管理などの伴走支援を実施してもらえます。
伴走支援まで対象となる補助金は聞いたことがありません。なかなか面白いですね。

対象事業者 

・大阪府内に本店(住所)または主たる事業所を有する中小事業者(100者)

補助金の対象が300者だったので、伴走支援は補助金ほどの採択数はないようです。

以上、大阪府が実施する新事業テイクオフ支援事業の概要でした。
事業再構築補助金に比べると補助額は少ないですが、申請書もそこまで詳細に書く必要がないので、大がかりな設備投資でなければテイクオフ支援事業もおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!